東京農業大学 総合研究所

リサイクル研究センター

平成12年度から総合研究所プロジェクト研究として、「循環型社会を考えた有機性廃棄物の資源化に関する研究」をテーマに、産官公学共同のプロジェクト研究を実施し、平成14年4月にリサイクル研究センターを開設しました。リサイクル研究センターでは、独自の「生ごみ肥料化システム」を開発して生ごみの肥料化を行っており、地元世田谷区内スーパー、川崎市の学校給食、大学構内食堂などから出る生ごみや調理ごみを毎日約200kg肥料化しており、これらの肥料は地域の農家と契約して土壌に還元され、物質の循環を実現しています。

また、樹木ごみの再利用化を目指して樹木を繊維化粉砕する機械を開発し、舗装材として利用しながら土に還す処理方法を研究しています。粉砕された樹木ごみは1か月程度堆肥化すると、葉は腐葉土として利用できるようになり、残された枝等の樹木チップは、ウレタン樹脂と混合して公園園路の舗装材として利用されています。

生ごみ肥料化システム(みどりくん®)の概要

特徴
  1. 生ごみ以外の不純物を取り除き、ペースト状にします。
  2. 生ごみを乾燥し、1/6~1/7に減量します。
  3. 乾燥生ごみに含まれる油を搾油して炭素率を下げます。
    (炭素率とは:生ごみの炭素と窒素の割合)
  4. ペレット状に成型します。
仕様
処理対象物: 学校の給食センターの生ごみ・食品廃棄物・家庭の生ごみ
処理能力:生ごみ1500kg/日
生成物量:生ごみ肥料「みどりくん®」250kg/日