東京農業大学 総合研究所

知的財産の取り扱い

近年、大学の使命として、教育、研究に加えて、産学連携による社会貢献が重視されるようになり、知的財産は産学連携を進める手段の一つとして重要なものとなっています。
東京農業大学では、教職員の研究活動から生まれた発明・考案等の知的財産を原則として大学帰属とし、知的財産権として権利化して、大学の研究成果を広く社会に還元することを推進しています。
そこで東京農業大学では、学内における知的財産の創出、保護・管理及び効果的な活用を行うために、知的財産管理委員会を設置し、総合研究所が主体となって日常の知的財産に関係する活動を展開しています。特許等の知的財産権のライセンス等、技術移転に関するご相談は、ご遠慮なく東京農業大学総合研究所までご連絡ください。

・知的財産ポリシー

総合研究所の主な業務
  • 知的財産に係る各種研究契約(共同研究契約を含む)の支援、締結及び管理
  • 知的財産の権利化、維持、権利の状況並びに実施の実態調査
  • 知的財産の活用促進と、それに必要な契約交渉及び契約締結
  • 知的財産権保護のための助言、指導及び必要手続
  • 知的財産に関する知識の普及促進・教育
  • 知的財産に関する経費支払、対価収入等の管理、その他知的財産に関すること

また、東京農業大学では、大学のシーズや研究成果を企業などで活用していただくために、積極的に共同研究や受託研究なども行っています。これらについてご関心ある場合も、東京農業大学総合研究所までご相談ください。

お問い合わせ先

東京農業大学 総合研究所
〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
Tel: 03-5477-2532
Fax: 03-5477-2634
E-mail: nri@nodai.ac.jp