東京農業大学 総合研究所

お知らせ

お知らせ

京都大学生存圏研究所

京都大学生存圏研究所

下記のとおり、研究助成の情報が到着しておりますのでお知らせいたします。
募集要項をご確認の上、積極的にご応募いただきたくお願い申し上げます。


①『信楽MU観測所・赤道大気観測所共同利用研究課題』
  『MUレーダー・赤道大気レーダー観測データベース共同利用課題』

本公募は、信楽MU観測所及び赤道大気観測所におけるMUレーダー・EARをはじめとする
各種装置を用いた観測の共同利用、及びそれらの観測データベースを用いた共同研究です。
共同利用者自身の所有する研究設備を観測所に持ち込んで観測することも可能です。

■応募資格、応募方法など
  本共同利用へ応募できる研究者は以下の通りです。
 
  1.学術研究を目的とする国内外の研究機関に所属する者
  2.教育を目的とする国内外の研究機関に所属する者
  3.民間の企業・団体に所属する者
  4.その他、研究所長が適当と認める者

  ただし、研究所長が特に認める場合を除いて、2.のうち学部・大学院修士課程在学者、
  研究生及び3.は研究代表者になることはできません。利用責任者は常勤職員に限ります。
  常勤職員以外の方が研究代表者になる場合は、必ず研究協力者に常勤職員を含め、
 その方を利用責任者として下さい。
  また、研究代表者・研究協力者に生存圏研究所の教員を含まない場合には、
 申請書の所内担当教員欄も記入して下さい。

■一般課題利用期間 : 平成26年6月1日~11月30日

■締切り:平成26年4月4日(金)(厳守)

  一定の条件を満たす課題については1年間の利用申請が可能です。
 
 詳しくは募集要項をご覧下さい。http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/mu+ear/collaborative.html


②『キャンペーン観測(MUレーダー長時間観測)研究課題』

 キャンペーン観測(長時間観測)とは、一般の共同利用観測では不可能な長時間
 (およそ半期で100時間以上)MUレーダーを使用した観測を指します。
 キャンペーン観測として採択されれば、MUレーダーの観測時間を優先的に割り当てられます。
 観測モードは、標準観測と同様のモードやこれまでの共同利用課題で観測成果の実績のある
 一般観測モードを想定しています。
 一般の共同利用では、利用期間を半期に分けていますが、
 キャンペーン観測では1年以上に渡る申請も可能です。
 現在、平成26年12月~平成27年11月の長時間(キャンペーン)観測課題の公募を受け付けています。

 詳しくは募集要項をご覧下さい。http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/mu+ear/collaborative.html

 ■締切り : 平成26年7月11日(金)(厳守)
 
 【申請書提出先】
  京都宇治地区事務部 研究協力課共同利用担当
  MAIL:mu+ear@rish.kyoto-u.ac.jp
  TEL:0774-38-3352


 【応募に関するお問い合わせ先】
  総合研究所(オホーツクキャンパスは生物資源開発研究所)