東京農業大学 総合研究所

お知らせ

お知らせ

公益財団法人 旭硝子財団

下記のとおり、公募情報が到着しておりますのでお知らせいたします。募集要項をご確認の上、積極的にご応募いただきたくお願い申し上げます。

自然科学系「研究奨励」

■目的
旭硝子財団は、次世代社会の基盤を構築するような独創的な研究への助成事業を通じて、人類が真の豊かさを享受できる社会および文明の創造に寄与します。当財団には4つの国内研究助成プログラムがあります。自然科学系の「研究奨励」プログラムは、主に若手研究者による基礎的・萌芽的な研究を支援するとともに、助成期間終了後には継続型グラントへの応募機会を提供いたします。

■応募要件
1.所属機関:国内の大学とその附置研究所、大学共同利用機関、高等専門学校
2.職位:上記の機関に所属し、主体的に研究を進めている常勤の研究者
・任期付研究者の場合には、応募時点において、申請する研究期間のうち、少なくとも初年度の雇用が見込まれること
・プロジェクト研究員、ポスドクの場合には、外部研究費の受給にかかわる制約がないこと
3.機関承認:当財団からの寄附金を所属機関がその規程に従った研究費として管理する前提のもとに、所属長が応募を承認していること
4.年齢:1967年1月1日以降生まれであること
5.助成および応募の重複:応募時点で当財団からの研究助成を受けていないこと、ならびに当財団に 対して同一年度に複数の応募申請をしていないこと

■研究分野
<第1分野>
化学・生命科学系の研究で、物質・材料、生命・生物に関わる研究、およびこれらに関係の深い研究
<第2分野>
物理・情報系の研究で、材料・デバイス・システム、情報・制御ならびに設計・生産の基礎に関わる研究、およびこれらに関係の深い研究
<第3分野>
建築・都市工学系の研究で、人間生活の歴史と現状、将来を視野に置いた建築・都市空間に関わる研究

■予定採択数
第1~第3分野の合計として約56件

■助成額・研究期間
<第1分野・第2分野>
上限200万円/件
<第3分野>
実験研究:上限200万円/件
調査研究:上限150万円/件

■研究期間
2014年4月から1年間または2年間

■応募期間
2013年7月22日(月)~2013年8月16日(金)必着
学内締切日:2013年7月26日(金)必着


「環境研究 近藤次郎グラント」

■目的
旭硝子財団は、次世代社会の基盤を構築するような独創的な研究への助成事業を通じて、人類が真の豊かさを享受できる社会および文明の創造に寄与します。当財団には4つの国内研究助成プログラムがあり、「環境研究 近藤次郎グラント」プログラムは、1992年に始まった当財団の地球環境国際賞「ブループラネット賞」の創設に大きな役割を果たされた近藤次郎東京大学名誉教授のお名前を戴いた環境研究助成として、地球環境問題の解決や持続可能な社会の構築に資する研究を助成します。

■応募要件
1.所属機関:国内の大学とその附置研究所、大学共同利用機関、高等専門学校
2.職位:上記の機関に所属し、主体的に研究を進めている常勤の研究者
・任期付研究者の場合には、応募時点において、申請する研究期間のうち、少なくとも初年度の雇用が見込まれること
・プロジェクト研究員、ポスドクの場合には、外部研究費の受給にかかわる制約がないこと
3.機関承認:当財団からの寄附金を所属機関がその規程に従った研究費として管理する前提のもとに、所属長が応募を承認していること
4.年齢:1953年1月1日以降生まれであること
5.助成および応募の重複:応募時点で当財団からの研究助成を受けていないこと、ならびに当財団に対して同一年度に複数の応募申請をしていないこと

■助成対象課題
1.生態系・生物多様性の保全・回復のための手法の研究
2.環境リスクの見える化に関する研究
3.資源循環を支えるプロセス・システムの開発に関する研究

■予定採択数
4-5件

■助成額
実験研究:700万円以内/件
調査研究:400万円以内/件

■研究期間
2014年4月から2~3年間

■応募期間
2013年7月22日(月)~2013年8月30日(金)必着
学内締切日:2013年8月2日(金)必着



■詳しい応募内容、募集要項、申請書類等は、下記ホームページをご覧ください。
http://www.af-info.or.jp/subsidy/about.html

【応募に関するお問い合わせ先】
 総合研究所(オホーツクキャンパスは生物資源開発研究所)