東京農業大学 総合研究所

お知らせ

お知らせ

国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム 「名古屋議定書実施に向けた意見交換会~研究機関はどのように対処すべきか~」

下記のとおり、シンポジウムの情報が到着しておりますのでお知らせいたします。ご興味のある方は是非ご参加下さいますようご案内申し上げます。

 海外からの研究を目的とした動植物や微生物(海外遺伝資源)の取り扱いに関して、国際的な法的効力を持つ名古屋議定書が2014年10月12日に発効しました。現在、日本政府は国内措置についての検討を進めています。そのような中、各大学の理学・農学・水産学・医学・薬学等の様々な分野の遺伝資源を取り扱う研究者、研究支援者及びリサーチアドミニストレーターの方々のご意見、ご要望が重要となります。
 この度、2015年6月25日(木)にシンポジウム「名古屋議定書の実施に向けた意見交換会~研究機関はどのように対処すべきか~」を開催する運びとなりました。国内の学術研究機関の中で組織として先進的な取り組みを行っている研究機関の各学術分野専門家の皆様にそれぞれのご意見と、各機関での取り組みと課題についてご講演いただき、日本の名古屋議定書の批准及び国内措置の開始に備え、研究者の現場での対処方策の具体化に向け意見交換を行います。

■日  時    2015年6月25日(木)13:00-17:10 (12:30開場)
■場  所    TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター2A
                  JR東京駅 日本橋口徒歩4分/東京メトロ日本橋駅 A1出口徒歩1分
■内  容   「名古屋議定書と国内措置」
                  国立遺伝学研究所知的財産室 鈴木 睦昭
                「国立科学博物館の取り組みの現状と課題」
                  国立科学博物館植物研究部 細谷 剛
                「大学における研究材料の授受に関する関連法令遵守システムについて」
                  九州大学有体物管理センター 深見 克哉
                「海洋研究開発機構の取り組みと今後の課題(仮)」
                  海洋研究開発機構(予定)
                「名古屋議定書と地方大学のつぶやき」
                  山口大学大学研究推進機構知的財産センター 佐田 洋一郎
                  パネルディスカッション
■参加方法 以下の専用HPにあるフォームからお申し込みください。
               (事前申込制、参加費無料)
                  http://nigchizai.moon.bindcloud.jp/iken2015/pg191927.html
■詳しい内容については、以下のホームページをご確認ください。
                  http://nigchizai.moon.bindcloud.jp/iken2015/