東京農業大学 総合研究所

お知らせ

お知らせ

平成27年度農研機構シンポジウム「露地栽培における点滴灌水技術の展開と進化」

下記のとおり、シンポジウムの情報が到着しておりますのでお知らせいたします。ご興味のある方は是非ご参加下さいますようご案内申し上げます。

 

■日  時
 平成27年11月10日(火)
 13:00~17:15(受付12:00~)

■場  所
 滝野川会館 1階大ホール
 (東京都北区西ヶ原1-23-3) TEL:03-3910-1651

■プログラム
●受付開始 12時00分
 開会挨拶 13時00分~13時05分
●セッション1:拍動灌水装置を用いた点滴灌水技術の特徴 13時05分~14時05分
 ・露地栽培における点滴灌水施肥の普及をめざして(農研機構本部 吉川弘恭)
 ・拍動灌水装置の導入が作物および環境に及ぼす影響
 (農研機構近畿中国四国農業研究センター渡邊修一、松森堅治、志村もと子)

●セッション2:露地点滴灌水の現地での取り組み 14時05分~15時05分
 ・露地ピーマンでのリン酸減肥栽培(岩手県立農業大学校 漆原昌二)
 ・アスパラガス栽培圃場等への導入事例(山形県農林水産部 深瀬 靖)
 ・地域ブランド野菜“サラダ紫”の高品質化(神奈川県農業技術センター三浦半島地区事務所石森裕康)

●セッション3:点滴灌水技術の導入拡大に向けて 15時15分~16時35分
 ・傾斜農地で水源を確保するためのソーラーポンプシステム
 (農研機構農村工学研究所島崎昌彦)
 ・中山間地域に見られる地形向けの配管手法を提案する
 (農研機構近畿中国四国農業研究センター笠原賢明)
 ・ソーラーパルサーEの開発(有限会社プティオ 神谷宏)

●総合討論: 16時35分~17時10分
 閉会挨拶 17時10分~17時15分

■申込締切 
 平成27年10月15日(木)(定員:150名程度)
 参加費無料。参加には事前の申し込みが必要です。

■申込み方法
 専用フォームからお申込みいただくか、ホームページに掲載の申込用紙にご記入の上、メール、ファックス等でお申し込み下さい。
(専用フォームURL)https://pursue.dc.affrc.go.jp/form/fm/naro132/naro_sympo2015_1110

■問い合わせ先
 農研機構近畿中国四国農業研究センター広報普及室
 関口博之(せきぐちひろゆき)
 E-mail:naro-sympo1110_2015@ml.affrc.go.jp
 Tel:084-923-5208  Fax: 084-923-5215

■ホームページ
 http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2015/09/059523.html