東京農業大学 総合研究所

お知らせ

お知らせ

独立行政法人 日本学術振興会

下記のとおり、公募情報が到着しておりますのでお知らせいたします。募集要項をご確認の上、積極的にご応募いただきたくお願い申し上げます。

<日中韓フォーサイト事業>

■趣旨
独立行政法人日本学術振興会(Japan Society for the Promotion of Science: JSPS)は、我が国と中国・韓国の研究機関が連携して世界トップレベルの学術研究、地域共通の課題解決に資する研究及び優秀な若手研究者の育成を行うことにより、3カ国を中核としてアジアに世界的水準の研究拠点を構築することを目的として、先見性や将来への展望などを意味する“foresight”の名を冠した「日中韓フォーサイト」事業を実施しています。本事業においては、3カ国の研究機関(以下、「拠点機関」といいます。)は、「共同研究」、「学術会合(セミナー)」、「研究者交流」を効果的に組み合わせて実施するものとします。
なお、本事業による支援期間終了後も、拠点機関においては、アジア地域における世界的
水準の研究拠点として継続的な活動を実施することが期待されています。

■実施方法
日中韓3カ国の実施機関(日本学術振興会(JSPS)、中国国家自然科学基金委員会(NSFC)、
韓国研究財団(NRF))間の覚書に基づき実施します。

■対象となる研究
本年度の対象分野は、高機能科学計算のための手法とモデリングとします。なお、次年度
以降の対象分野については、毎年度、3カ国の実施機関の協議により定めます。

■対象国
我が国と中国・韓国の3カ国による交流を対象とします。

■申請資格
(1)科学研究費補助金取扱規程(文部省告示)第2 条に規定されている研究機関で、研究費、研究施設・設備、人員を十分に備えており、拠点機関として組織的な実施体制が取れる機関又はその部局。
(2)拠点機関には、研究代表者(Principal Investigator)を1名おきます。研究代表者は、拠点機関に所属する常勤または常勤として位置づけられている研究者とします。

■採用期間
平成26(2014)年8月開始 最長5年間
<平成26(2014)年8月~平成31(2019)年7月>

■支給経費
支給総額
1課題当たり 5年間で5,000万円以内(予定)
・平成26年度(8ヶ月間):1,000万円以内
・平成27年度(1年間) :1,000万円以内
・平成28年度(1年間) :1,000万円以内
・平成29年度(1年間) :1,000万円以内
・平成30年度(1年間) :1,000万円以内
・平成31年度(4ヶ月間):1,000万円以内
※ 総額5,000万円以内とします。

■採用予定件数
2件

■申請手続
<提出書類>
申請希望機関は、下記①・②を所属機関の長に提出してください。所属機関の長は①・②を取りまとめ、下記③の書類を添付して本会に提出してください。個人申請は受け付けません。なお、電子データの提出には、本会指定のファイル送信システム「Proself」を使用します。使用方法の詳細は、紙媒体による申請受付後、本会より申請機関へ連絡します。
① Application Form for Project under A3 Foresight Program
② 日中韓フォーサイト事業申請書
③ 平成26年度日中韓フォーサイト事業に係る申請書類の提出について

■申請受付期間
平成26年1月6日(月)~平成26年1月15日(水)17:30必着
学内締切:平成25年12月10日(火)

■詳しい応募内容、募集要項、申請書類等は、下記ホームページをご覧ください
http://www.jsps.go.jp/j-foresight/01_boshuyoko.html

【応募に関するお問い合わせ先】
 総合研究所(オホーツクキャンパスは生物資源開発研究所)

 


<二国間交流事業 共同研究・セミナー>

■趣旨
独立行政法人日本学術振興会(Japan Society for the Promotion of Science: JSPS)は、以下に掲げる国の学術振興機関(対応機関)と、学術の国際協力に関する合意に基づく事業を行っています。本事業は、個々の研究者交流を発展させた二国間の研究チームの持続的ネットワーク形成を目指しており、我が国の大学等の優れた研究者(若手研究者を含みます。)が相手国の研究者と協力して行う共同研究・セミナーの実施に要する経費を支援するものです。また、平成25 年度より、従来の対応機関との合意に基づく共同研究・セミナーに加えて、我が国と国交のある全ての国(台湾及びパレスチナについては、これに準じて取り扱います。)を対象とした「オープンパートナーシップ共同研究・セミナー」を開始しました。

■今回募集する国・対応機関・事業内容・採用予定件数・分野
A 対応機関との合意に基づく共同研究・セミナー
対象国:韓国
対応機関:韓国研究財団
事業内容・最大採用予定件数:共同研究 20件、セミナー 10件
対象分野:人文・社会科学及び自然科学にわたる全分野(申請区分:人文社会系、理工系、生物系、学際・複合領域系)
B オープンパートナーシップ共同研究・セミナー
 対象国・地域:我が国と国交のある全ての国(台湾及びパレスチナについては、これに準じて取り扱う)
事業内容・最大採用予定件数:共同研究・セミナー 約40件
対象分野:人文・社会科学及び自然科学にわたる全分野

■申請資格
科学研究費補助金取扱規程(文部省告示)第2 条に規定される研究機関に所属する常勤の研究者又は常勤として位置づけられている研究者(常勤職の位置づけについては、各機関の定めによります)。

■支給経費
課題の実施に要する業務については、共同研究/セミナー代表者の所属機関に対して本会が「業務委託」する方法により行います。経費執行に関しては、本会の定める「独立行政法人日本学術振興会が行う業務委託契約の基準について」に従ってください。なお、本事業では委託手数料の支給はありません。

■申請受付期間
平成25年12月9日(月)~平成26年2月7日(金)
※申請は、ホームページ上の電子申請システムにより行ってください。

■詳しい応募内容、募集要項、申請書類等は、下記ホームページをご覧ください
http://www.jsps.go.jp/j-bilat/semina/shinsei_bosyu.html

■お問い合わせ先
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3-1
独立行政法人 日本学術振興会研究協力第二課
(受付時間:祝祭日を除く月~金9:30~17:30)
二国間交流第二係「アジア・アフリカ諸国、オープンパートナーシップ共同研究・セミナー」担当
電話:03-3263-1755、2387
URL:http://www.jsps.go.jp/j-bilat/semina/jrss.html
FAX:03-3234-3700(共通)