東京農業大学 総合研究所

お知らせ

お知らせ

第10回アグリビジネスフォーラム 開催のご案内

首都圏で農学系学部を有する私立五大学(玉川大学、東海大学、明治大学、日本大学、東京農業大学)は、産業界との連携によるアグリビジネスの創出を目指して、平成17年度より大学の枠を超えて連携し、毎年「アグリビジネスフォーラム」を開催しています。この「アグリビジネスフォーラム」は各大学が幹事校を持ち回り、毎年1回開催する形としており、第5回目までは、原則として幹事校を会場として、独自に参加企業を集め、講演会・展示会・交流会を開催してまいりました。

また、第6回目からは、五大学の取組みをより広く紹介するために、農林水産省主催の「アグリビジネス創出フェア」に共同出展する形に変更し、今年度も下記の要項で開催される「アグリビジネス創出フェア2014」で各大学の研究成果の発表・展示を行うこととなりました(アグリビジネスフォーラムとしては10回目の開催)。

つきましては、皆様に是非ご来場いただき、各大学の多様な研究内容に触れていただければ幸いです。

アグリビジネス創出フェア2014(農林水産省主催)の開催要項

会期:平成26年11月12日(水)~14日(金)10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場) 西4ホール(東京都江東区有明3-10-1)

アグリビジネス創出フェアの開催趣旨

アグリビジネス創出フェアは、全国の産学官の各機関が有する農・林・水産・食品分野などの最新技術や研究成果を分かりやすく展示し、研究機関間、研究機関と事業者との新たな連携を促す場として開催される「技術・交流展示会」です。ここに農学系の五大学で共同出展いたします。

五大学の出展内容(概要)

<各大学ブースでのパネル・実物展示、研究代表者プレゼンテーション>
玉川大学
 テーマ:「野生種トマトの保有するさまざまな機能性、遺伝資源としての有用性」
      農学部 生物資源学科 田淵俊人教授
東海大学
 テーマ:「モウセンゴケ属の種分化と日本産種にみられる抗アレルギー効果」
      農学部 応用植物科学科 星良和教授
明治大学
 テーマ:「ICT養液土耕栽培支援システム『ZeRo.agri』」
      農場 小沢聖特任教授
日本大学
 テーマ:「エビ・カニを捕食する魚類から単離されたキチン質分解酵素遺伝子」
      生物資源科学部 松宮政弘教授
東京農業大学
 テーマ:「農林水産業の高付加価値成長戦略を担う6次産業化ビジネス」
      生物産業学部 黒瀧秀久教授

<五大学共通ブースでのシーズ紹介>
「機能性食品」という共通テーマのもとで各大学の多様な研究内容を紹介します。
東京農業大学
 テーマ:「機能性食品の新たな食素材を求めて」
      応用生物科学部 食品安全健康学科 阿部尚樹教授


出展内容の詳細はこちら