東京農業大学 総合研究所

お知らせ

お知らせ

鳥取大学乾燥地研究センター

下記のとおり、公募情報が到着しておりますのでお知らせいたします。募集要項をご確認の上、積極的にご応募いただきたくお願い申し上げます。

<平成26年度 共同研究>
■申請・参加資格
(1) 研究代表者
  研究代表者として、申請資格を有する者は以下のとおりです。
 ①イ~ニのうちいずれかに該当する機関に所属し、各所属機関の職務の一環として本共同研究を実施できる者
  イ.国公私立の大学、大学院、短期大学及び高等専門学校
  ロ.大学共同利用機関
  ハ.国、地方公共団体、独立行政法人又は地方独立行政法人の設置する試験研究機関
  ニ.国又は独立行政法人の設置する省庁大学校
 ②上記①に拘わらず、当センター長が特に適当と認める者

(2) 研究分担者
 研究分担者は、研究代表者、対応教員とともに研究組織を構成する者で、研究代表者と協力しつつ、分担して採択された課題に関する研究を行う者のことをいいます。研究分担者として、研究組織に参画させることのできる者は以下のとおりです。
 但し、研究種目Dにおいては研究分担者を参画させることはできません。
 ① 上記(1)に掲げる申請資格を有する者
 ② 上記(1)イ~ニのうち、いずれかに該当する機関に所属する大学院生、又はこれに準ずる学生等(但し、指導教員等の許可を得ること)
 ③ 日本国外における①又は②に相当する者

■研究種目
 A. 特定研究
 当センターが戦略的に進めている、下記に示す特定の研究課題について、研究代表者及び研究分担者が下記の対応教員と緊密に連携して行う共同研究。
 研究期間:原則2年間(但し、2年目の公募時に継続申請が必要)
 研究課題:以下の3課題
 ・ 当センターの乾燥地植物資源バンク室に収集された、遺伝資源の利活用に関する研究(対応教員:辻本 壽)
 ・ 乾燥地における油料植物の生産性に関する研究(対応教員:恒川篤史)
 ・ パレスチナの農業生産に関する研究(対応教員:藤巻晴行)

 B. 重点研究
 将来的に大型の研究資金の獲得につながると認められるもので、別紙1の研究対象領域に沿った研究課題を申請者(研究代表者)が設定し、研究代表者及び研究分担者が当センター対応教員と協力して行う共同研究。国内で実施される研究も可とする。
 研究期間:原則2年間(但し、2年目の公募時に継続申請が必要)

 C. 一般研究
 乾燥地科学における新たな展開が期待される研究や乾燥地研究センターの施設・設備を利用する研究とし、申請者(研究代表者)の自由な発想に基づく、課題提案型の共同研究。研究代表者及び研究分担者が当センター対応教員と協力して行う。
 研究期間:最長2年間(但し、2年目の公募時に継続申請が必要)

 D. 若手奨励研究
 次世代の乾燥地科学を担うことが期待される若手研究者(研究開始年度4月1日時点で39歳以下の研究者)が行う、課題提案型の共同研究。研究組織は若手研究者である申請者(研究代表者)と、当センター対応教員の計2名で構成される。
 研究期間:最長2年間(但し、2年目の公募時に継続申請が必要)

 E. 研究集会
 新しい研究プロジェクトの立ち上げや、新規に研究資金を獲得するための情報交換を目的として、当センターが催す集会。申請者(研究代表者)と1名以上の分担者が当センター対応教員と協力して行うものとする。開催場所は当センター以外も可とする。
 期間:1年間

■経費
 本共同研究に直接必要となる経費に限り、申請及び使用が可能です。当該経費は、予算の範囲内で鳥取大学の各規則、規定に基づき、当センターにおいて支出します。詳細については公募要項をご確認ください。

■申請方法
 申請者は、あらかじめ対応教員(別紙2参照)と十分打合せを行い、所属長等(学部長又は部局長等で可)の承認を得た上、インターネット上の下記URLより申請に必要な事項(様式1参照)を入力してください。
 (鳥取大学乾燥地研究センター 共同研究ウェブシステム)
 http://www2.alrc.tottori-u.ac.jp/apply2/

■締切日
 (学内締切)平成26年2月20日(木)
 (公募締切)平成26年2月28日(金)

■詳しい応募内容、申請書類、応募要領等は下記ホームページをご覧ください。
(鳥取大学乾燥地研究センター ホームページ)
http://www.alrc.tottori-u.ac.jp/japanese/activity/kyoudo/26youkou.html

■お問い合わせ先
 鳥取大学乾燥地研究センター事務部 (共同利用係)
 TEL 0857-23-3411
 FAX 0857-29-6199

【応募に関するお問い合わせ先】
 総合研究所(オホーツクキャンパスは生物資源開発研究所)