東京農業大学 総合研究所

お知らせ

お知らせ

JIRCAS 国際シンポジウム 2015 「国際農林水産業研究における質の高い解決策の提案」

以下のとおり、シンポジウムの情報が到着しておりますのでお知らせいたします。ご興味のある方は是非ご参加下さいますようご案内申し上げます。

■日 時   平成27年10月28日(水)9:30~17:00(受付開始9:00)

■場 所   国連大学 ウ・タント国際会議場
        東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学3階

■参加費   無料
       JIRCAS HP 申込みフォームよりお申し込みください。
       https://pursue.dc.affrc.go.jp/form/fm/jircas/symposium2015
      (申込者多数の場合は、途中で受付を締め切らせていただきます。)

■プログラム   
 ○基調講演(10:00~)
 ・「気候変動適応、栄養状態、農村生活を改善するための生物多様性活用」
  M. Ann Tutwiler(バイオバーシティー インターナショナル所長)
 ・「今なぜ『質の高い成長』か?―JICAの経験から―」
  畝 伊智朗(JICA研究所所長)
 ○セッションA:気候変動に対して強靭で持続的な農業を目指して(11:50~)
 ・「地域環境・地域資源を活用した、人の生活と環境を両立する農業を目指して
  ―ベトナム・メコンデルタにおけるJIRCASの取組」
  宝川 靖和 (JIRCAS生産環境・畜産領域)
 ・「気候変動に対してレジリアンスを有する保全農業とその普及に向けて
  -アジア・アフリカでのFAOの取り組み」
  新野 有次(FAOアジア・太平洋事務所 土地資源管理担当官)
 ○セッションB:アフリカにおける農産物の安定生産と消費促進に向けたアプローチ(14:00~)
 ・「市場価値の高いササゲの開発のための科学的情報の蓄積と技術開発」
  村中  聡(JIRCAS熱帯・島嶼研究拠点)
 ・「アフリカにおける消費・市場流通を活性化できるコメとは」
  Rose Edwige Fiamohe (AfricaRice)
 ○セッションC:アジアにおける地域資源の評価とその活用によるバリューチェーン構築(15:00~)
 ・「ラオスにおける非木材林産物の利用とその価値」
  木村 健一郎 (JIRCAS農村開発領域)
 ・「タイにおけるバリューチェーン構築の取組と国際間の連携」
  Patcharee Tungtrakul(カセサート大学 食品研究所所長)

■お問合せ先
 国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター
 企画調整部情報広報室
 〒305-8686 茨城県つくば市大わし1-1
 TEL:029-838-6708 FAX:029-838-6337 E-mail:koho-jircas@ml.affrc.go.jp
 HP: http://www.jircas.affrc.go.jp/index.sjis.html