東京農業大学 総合研究所

総合研究所の活動概要

大学が行う諸活動において、「教育」を通じて有為の人材を育成し社会に送り出すこと(教育面での社会貢献)を縦軸とするならば、「研究」によって得られた様々な研究成果を社会に還元すること(研究面での社会貢献)は横軸となり、両者が相俟って大学の存在意義を表していると言えましょう。

このような中で、本学の「研究面での社会貢献」を推進する組織として位置付けられているのが世田谷キャンパスにある総合研究所です。総合研究所では、厚木キャンパスの農学研究所、オホーツクキャンパスの生物資源開発研究所をはじめとする関係部署と緊密な連携をとりながら、この目的を達成するために、主として次の3つの機能を中心に活動を行っています。

本学における中長期的な研究戦略に基づく研究プロジェクトの企画・組織化と実施による大学全体の研究力向上

  • 総合研究所内に設置された「研究戦略会議」による本学の中長期的な研究戦略の立案・検討
  • 本学独自の特色ある先端的研究並びに戦略的研究等の企画・公募・実施・評価
    (先端研究プロジェクト、大学戦略研究プロジェクト、東日本支援プロジェクト等)

研究支援機能の充実・強化による研究者レベルでの研究推進意識と利便性の向上

  • 外部研究費獲得を推進するための公募情報の積極的な収集と効果的な学内発信及び申請手続きのサポート(採択促進のための説明会の開催等)
  • 公的機関からの委託事業や民間企業との受託研究・共同研究実施にあたっての契約手続きのサポート
  • 外部研究費及び学内プロジェクト研究費に係る経費執行管理事務のサポート
  • 公的研究費の管理・監査に関するガイドラインを遵守した経費の適切な執行管理の促進

研究成果の社会に向けた積極的な発信と事業化・実用化の推進

  • 研究成果報告のとりまとめと学術雑誌の発行
  • ホームページによる積極的な研究内容等の発信
  • 社会啓発を目的とした講演会、シンポジウム等の開催
  • 研究成果に基づく実証試験プラントの一般市民、民間企業、自治体等への公開及び社会実装の推進
    • リサイクル研究センター:生ごみ肥料化システム(みどりくん®)
    • バイオマスエネルギーセンター:生ごみからの水素・メタン発酵システム、生ごみからのエタノール固体醗酵システム
  • 研究成果に基づく知的財産権の構築・民間企業等への技術移転の推進(特許相談等による研究者のサポート)
  • 産学連携の推進
    • 総合研究所研究会活動の推進
    • 農林水産省主催の産学連携イベント等への参加

総合研究所の活動チャート

outlineTable.gif