東京農業大学 総合研究所

研究倫理

本学では、学術研究倫理に関する委員会を設置し、研究活動に係る倫理意識の向上に取り組んでいます。

生命倫理委員会

本学における生命科学研究において、研究者が「生命の尊厳」を強く認識し、深い倫理観と社会的責任を自覚したうえで、厳しい自主規制のもとに、国の法令、指針等を遵守し、適正に研究を行うために、生命科学研究倫理規程を定めるとともに、生命科学研究の倫理的、社会的妥当性について審査することを目的として、生命倫理委員会を設置しています。

遺伝子組換え実験安全委員会

本学における遺伝子組換え実験に関し、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」に基づき、遺伝子組換え実験の適切な実施と安全管理に関する必要な基準を定め、もって実験に従事する者の危険の防止と公共の安全を確保することを目的として、遺伝子組換え実験安全管理規程を制定するとともに、実験に関する事項を審議するために、遺伝子組換え実験安全委員会を設置しています。

人を対象とする実験・調査等に関する倫理委員会

本学において人を対象として行われる実験・調査等に関し、『ヘルシンキ宣言』の趣旨に基づき、医学的、社会的倫理の観点から審査し、助言・勧告を行うこと及び審査の対象となる研究等の範囲の策定を行うことを目的として、人を対象とする実験・調査等に関する倫理委員会を設置しています。

動物実験委員会

生命科学の教育・研究における動物実験の重要性とその性質に鑑み、「動物の愛護及び管理に関する法律」、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」、「東京都動物の保護及び管理に関する条例」等に基づき、本学において動物実験を立案し、実施する場合に遵守すべき事項を示し、科学的にはもとより、動物福祉・愛護の観点からも適正な実験を実施することを目的として、動物実験に関する指針を策定しています。また、この指針の適正な運用と動物実験の立案、実施等に関して、指導、監督、助言等を行うために、動物実験委員会を設置しています。

利益相反委員会

本学は、産学官連携による研究成果の社会還元を積極的に推進すると共に職員の産学官連携活動を奨励しています。一方で、その過程で生じる利益相反による大学の使命・利益の侵害は防止しなければなりません。そこで、産学官連携を公正かつ効率的に推進するために、職員の利益相反行為を防止し、万一生じた利益相反行為を解決するために、利益相反ポリシーを定め、利益相反委員会を設置しています。


 <利益相反に関する情報の公開>