東京農業大学 総合研究所

「思い出すと記憶が強くなるメカニズムの解明」
心的外傷後ストレス障害(PTSD)の発症予防・治療法確立への貢献に期待

東京農業大学(学長:髙野克己)応用生物科学部バイオサイエンス学科動物分子生物学研究室(喜田聡教授)では、記憶の「再固定化」という反応が、想起後の記憶増強を起こすことを解明しました。この研究結果は、平成26年6月24日国際ジャーナルeLifeにて発表されました。

マウスモデルを用いた実験において、マウスに恐怖記憶を想起させると、恐怖がより強くなることを示しました。本研究では、「再固定化」と呼ばれる反応が、この想起後の記憶増強を起こすことを突き止めました。さらに、この記憶の増強には、扁桃体を中心とした脳領域が働き、タンパク質の分解と合成を伴う劇的な分子変化がこの記憶増強を導いている分子機構を明らかにしました。 このような恐怖記憶増強のメカニズムは、恐怖記憶を原因とする心的外傷後ストレス障害(PTSD)の発症過程のモデルと捉えられます。このPTSDモデルを活用することで、PTSDの発症予防や治療方法の確立に貢献できると考えられます。

ptsd.jpg
(図)受動的回避反応課題における想起後の恐怖記憶の増強

掲載情報

国際ジャーナルe Life (平成26年6月24日発表)
Enhancement of fear memory by retrieval through reconsolidation DOI; 10.7554/elife.02736

責任著者

喜田 聡(東京農業大学応用生物科学部教授)
バイオサイエンス学科HP http://www.nodai.ac.jp/bios/bio/index.html
文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究(領域提案型)」 「マイクロエンドフェノタイプによる精神病態学の創出」HP http://microend.umin.ne.jp/index.html